既卒

勝負は見学前から!?医院を厳選する3つのポイント

2021.1.18

こんにちは!クオキャリア事務局です。
今は社会情勢的に「見学に行く数をなるべく少なくしたい」という相談をいただくことがあります。

その場合、大切なのは見学医院を厳選すること。そこで今日は、医院選びに役立つ方法をお話しします。

最初に「自己分析」をする

「新卒のときにしたし、やらなくてもよいのでは?」と思うかもしれませんが、改めてやっておくと「自分に合う」医院を選ぶ精度がぐっとアップ。ぜひ働いてきた経験をもとに考えてみてください。もちろん履歴書や面接でも使えます。

・これまで身につけたスキル(得意なこと・苦手なことなど)
・前職の医院での経験(印象に残っていること、うれしかったこと、頑張ったことなど)
・これからなりたい歯科衛生士像、キャリアプラン
・自分の長所、短所
・大切にしている考え方 など

頭で考えるだけでなく、紙に書き出してみるのがオススメです!

希望条件の優先順位を考える

転職先に求めることはいろいろあると思いますが、すべて叶えるのは難しいと心得て。次のような視点で分けて考えておくと、医院を比較しやすくなります。

  1. 絶対に譲れないこと
  2. あったらうれしいが、なくても我慢できること
  3. なくてもよいこと

ちなみに、条件というのは待遇だけではありません。

・医院の経営方針、理念
・院長先生やスタッフの人柄
・衛生士に任される業務内容
・教育体制、スキルアップできる環境か
・設備、職場環境

なども含めて、どんなところで働きたいかを考えてみましょう。

いろいろな角度から医院を調べる

医院を探すときはホームページだけでなく、できるだけいろいろなツールを使ってみるのがオススメ。見学前に医院をより深く知ることができます。

たとえばクオキャリアなら!

  • WEBクオキャリア:経験者専用の求人サイト。希望の条件から調べられます。
  • CAMSTA :求人動画サイト。1~2分の短い動画で、医院の様子がわかります。
  • R/Leadme:インタビューメディア。実際に医院で働くDHの本音が読めます。
  • 就活BOOK「クオキャリア」:エリアごとに見やすい求人雑誌。経験者の方も取り寄せOK!
  • DH就活フェス:1日でたくさんの医院と出会える就活イベント。感染予防を徹底しています。

まとめ

見学に行く前にしっかりと医院を厳選し、スムーズに就職・転職活動を進めましょう!

***********

【歯科衛生士限定/就職・転職のお悩み受付中!】
気になることがあれば、下記フォームよりお気軽にお送りください。
こちらのブログで順番にお答えしていきます。

お問い合わせはコチラ

***********
優良な転職・復職先多数!歯科衛生士求人ならクオキャリア

会員登録すると見学応募やメッセージのやりとりも簡単です!